【Glico】SUNAO マンゴーのチーズケーキアイス!【糖質9.9g】

グリコ

  あのGlicoの低糖質スイーツブランドSUNAOに新作の苺のチーズケーキアイスが登場したので早速食べていきます。

同時発売の”SUNAO 苺のチーズケーキ”の記事はこちらから↑

動画

【糖質制限】グリコのSUNAOから低糖質チーズケーキが登場!苺とマンゴー味!チーズのまろやかさにフルーツの酸味が合う~【ダイエット】

動画でも紹介中♬

基本情報

〇価格

税込194円

〇発売日 2019年12月

2019年12月

購入場所

ローソン

〇成分表(1個170ml当たり)

熱量118kcal
たんぱく質1.9g
脂質7.8g
炭水化物21.0g
糖質9.9g
食物繊維11.1g
食塩相当量0.2g

気になる糖質量はたったの9.9g。ゆるめの糖質制限ロカボの推奨する1日当たりの間食糖質量10g以内に収まる数字。

グリコの似たようなアイスと言えば、パナップがありますよね。以前に同じマンゴー味があったのですが、1個155ml当たりの炭水化物の量は25.2gも入っており、ほぼ糖質と言えましょう。

そう考えると、170mlのアイスの糖質量が9.9gと言うのがどれだけすごいのか分かりますね。

〇原材料名

原材料
乳製品、食物繊維(ポリデキストロース、難消化性グルカン)、マンゴーソース、植物油脂、マンゴー果汁・果肉、豆乳、砂糖、食塩
/安定剤(増粘多糖類)、香料、乳化剤、酸味料、甘味料(スクラロース)、カロチン色素、メタリン酸ナトリウム、乳酸カルシウム、(一部に乳製品、大豆を含む)

原材料を見てみると、乳製品の次に食物繊維(ポリデキストロース、難消化性グルカン)がありますね。これらで嵩増しすることで、糖質の多い食材の割合を下げているのでしょう。

ポリデキストロースは、グルコース(ブドウ糖)、ソルビトール、クエン酸を原料とした安全な食物繊維です。
元々、賦形剤(成型、増量、希釈を目的に加えられる添加剤)として、食品中の油脂や砂糖との置き換え、総エネルギー量低下を目的(肥満の予防目的)に開発されたものです。

ポリデキストロース|大塚製薬

難消化性グルカンは、グルコースシラップを原料に活性炭共存下で加熱して得られる新たな水溶性食物繊維素材である。難消化性グルカンは食物繊維強化用途のみならず、味質や色、物性、ハンドリング性に優れ、さまざまな生理機能を併せ持つ低カロリー素材として幅広い食品への活用が期待される。

新規水溶性食物繊維素材「難消化性グルカン」の特性と用途|農畜産業振興機構

また他のSUNAOのアイス同様、豆乳や人工甘味料のスクラロースなどに置き換えることでも糖質量をカットしています。

見た目

蓋を開けてみると、アイスとマンゴーソースで渦巻き状の模様をなしております。
ちょっと醜いのですが、アイスも白色とオレンジ色に分かれています。

実食

口に入れるとチーズとマンゴーの爽やかな酸味を感じます。

白いアイス部分はチーズケーキとあってチーズのコクとまったり感を感じます。

黄色のアイス部分はマンゴーの味がするのですが、白い部分とは違いアイスの甘さが控えめでマンゴーの味のチーズケーキのような味があります。

ソースはしっかり下の方まで練りこまれているのですが、酸味とフルーティーさがチーズケーキとマッチしています。

ごちそうさまでした。

採点

9MUCCHA

これはローソンいったら籠に入れちゃいそうです・・・😄

コメント

タイトルとURLをコピーしました