【モスバーガー】スパイシーにくかつにくバーガー【糖質29.6g】

モスバーガー

カツと鶏肉を肉と肉で挟んだ、規格外の肉肉しさをもつバーガー「にくかつにくバーガー」。
バンズがお肉なら糖質も低めだろうということで、モスバーガー毎月29日限定販売のこのバーガーを食べてきた。

動画

【糖質制限】肉の日限定!モスバーガー、にくかつにくバーガー食べてみた!【ダイエット】

動画も見てみてね😊

基本情報

にくかつにくバーガー

〇価格 806円+税

〇発売日 2019/9/29より毎月29日限定

〇成分表

熱量646cal
たんぱく質43.8g
脂質38.3g
炭水化物31.5g
糖質29.6g
食物繊維1.9g
食塩相当量3.9g

スパイシーにくかつにくバーガー

〇価格 834円 + 税

〇発売日 2019/9/29より毎月29日限定

〇成分

熱量647kcal
たんぱく質43.8g
脂質38.3
炭水化物31.7g
糖質29.7
食物繊維2.0
食塩相当量3.9g

はっきりいって、バンズに肉を使っているのにこの糖質量は多いと言わざるを得ない。
もちろんこのメニューは糖質制限をしている人向けではないので仕方がない所ではあるが、パンが使われていない旨みが全くないではないか。実はマクドナルドのダブルチーズバーガーやベーコンレタスバーガーよりも糖質が多かったりもする。

ただ、お肉がたっぷりと言うこともあって1つでたんぱく質が両者ともに43.4g。がっつり食べて、がっつりたんぱく質補給をしたいという人にはぴったりかもしれない。

見た目

とにかくすごい大きさだ。
ハンバーガーなら手で押さえて横からかみつくと言った食べ方をするのが一般的だが、れができそうにないような高さ。ナイフとフォークが欲しくなる。
具材は上から、ハンバーグ、ハラペーニョ、鶏肉、レタス、カツ、レタス、ハンバーグ。

実食

とりあえず、上下から手で圧力をかけて思いっきり大きな口を開けてどうにかかぶりついて見た。
包み紙越しにも十分に伝わる熱と、カツの衣の揚げたてサクサク感、これが味よりなにより印象的。これだけで暖かい気持ちになれる。
続いて味の方だが、カツのソースの甘じょっぱさが比較的目立つ。濃いめのガツンとした味が、具材たちの味のリレーの先頭に立つ。
そしてこちらも甘じょっぱい系でジューシーな鶏の照り焼きの存在感も大きい。そんな甘みの強いタレ達に対抗するかのように、ハラペーニョの酸っぱ辛さが口に広がる。
一押しなのは上下のハンバーグ。彼らは肉でありながら、あっさりとした味付けで存在感はまるで薄いのだ。それは「バンズは目立たない。自分たちはあくまで引き立たせ役なんだ。」という脇役に徹するという意思の伝わってくるような質素な味わいで、このおかげで全体的にくどくならずバランスの取れた肉肉しさが実現しているのだと思う。

採点

9MUCCHA

糖質がもうちょっと低ければと思うが、食べ終わった後の幸福感はまさに9MUCCHA。

コメント

タイトルとURLをコピーしました